Logo sec

栃木・日光に高級温泉旅館 田母沢御用邸付属邸の跡地に31年開業

2017/06/22

東武鉄道(本社・東京都墨田区)と不動産業のヒューリック(本社・東京都中央区)は平成31年秋をめどに高級温泉旅館「日光 ふふ(仮称)」を開業することで合意した。計画地は田母沢御用邸記念公園に隣接する田母沢御用邸付属邸の跡地で東武鉄道が所有、ヒューリックが建設・運営する。

201706221345_1-300x0.jpg高級温泉旅館「日光 ふふ」の完成予想図

全22室に天然温泉の露天風呂を完備し、広さも50平方メートル以上のスイートルーム仕様。東武鉄道は蒸気機関車(SL)復活運転や金谷ホテルの株式取得、中禅寺湖判へのザ・リッツ・カールトンホテル開業(32年予定)など栃木・日光エリアの活性化に力を注いでいる。

一方、ヒューリックは「熱海 ふふ」「箱根・翠松園」をはじめとする高級温泉旅館や 「ザ・ゲートホテル雷門をはじめとするホテルなどで、富裕層向けのホテル・旅館事業を展開。東武鉄道の日光エリアでの事業ノウハウとヒューリックの持つ高級温泉旅館事業のノウハウを融合させ、国際観光地・日光での高級温泉旅館を運営する。

田母沢御用邸付属邸は大正3年に建設され、昭和23年に日光国立公園観光株式会社が買い取り宿泊施設、博物館として利用。その後、昭和38年に東武鉄道が同社を傘下に収め、平成18年まで日光田母沢ホテルとして営業していた。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る 「旅館」の記事をもっと見る

栃木県

もっと見る
「栃木県」の記事をもっと見る

東武鉄道

もっと見る
「東武鉄道」の記事をもっと見る

世界遺産

もっと見る
「世界遺産」の記事をもっと見る