Logo sec

5月の訪日客数は21.2%増229万5000人 累計で1000万人突破「最も早いペース」

2017/06/21

日本政府観光局(JNTO)が6月21日発表した5月の訪日外国人観光客数は前年同月比21.2%増の229万4700人だった。5月としては過去最高。1月から5月までの累計は1141万700人で、これまでで最も早いペースで1000万人を突破した。

韓国急伸、中国・台湾は伸び鈍化

国・地域別にみると、韓国が85.0%増の55万8900人と最も多く、次いで、中国が2.0%増の51万7100人、台湾が8.5%増の40万7500人。韓国はLCC(格安航空会社)を中心とした航空路線が増便されたことを背景に訪日需要が高まっている。前年は昨年4月に発生した熊本地震の影響による航空便の運休やキャンセルなどの影響で前年比マイナスだった反動もあり、非常に高い伸び率となった。

中国は単月として50万人を超え、5月としては過去最高となったものの、今年2月以降4カ月連続で伸び率が2%台にとどまっている。台湾も昨年6月だった端午節の連休が今年は5月下旬にずれ込むなど増加要因があったが、伸び率は8.5%増のとどまり、大幅な伸びにはつながらなかった。

また、インドは14.3%増の1万5600人と単月で過去最高を記録。インド、韓国、中国、台湾を含め18カ国・地域で5月として過去最高を記録するなど訪日需要は引き続き好調に推移しているが、各国との観光客誘致競争が激化しており、JNTOでは、市場動向を綿密に分析しながら、訪日観光誘致に取り組むとしている。

あわせて読む

「中国」の記事をもっと見る 「韓国」の記事をもっと見る 「JNTO」の記事をもっと見る 「台湾」の記事をもっと見る

日本政府観光局

もっと見る
「日本政府観光局」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る 「人気」の記事をもっと見る