Logo sec

1泊85万円の客室も ザ・リッツ・カールトン大阪 全291室の改装完了

2017/06/21

ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区)は全291の客室改装を完了し、館内2室のみの最高級客室を6月20日、公開した。15日に改装を終え、すでに稼働しているが、メディアへの公開は初めて。全客室の改装に約12億円を投じた。

201706211216_1.jpg改装された最高級客室の「ザ・リッツ・カールトン・スイート」=6月20日、大阪市北区(田村慶子撮影)

18世紀英国貴族の邸宅を表現した従前の内装コンセプトを保ちつつ、千鳥格子柄の青いソファを差し色に草木柄のじゅうたんや絵画などを配し、都会的な雰囲気も加えた。

広さは233平方メートルで、1泊85万円(税・サービス料別)。小規模な結婚披露宴会場としても使える。同室の宿泊客にはシャンパンや果物などの特典サービスも導入。リピーターを増やすとともに「20~30代の若者にも客層を広げたい」(広報)としている。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

ホテル

もっと見る
「ホテル」の記事をもっと見る