Logo sec

JTBが香港に訪日旅行専門店 リピーター客ターゲット 多様化するニーズに対応

2017/06/18

JTB(本社・東京都品川区)は拡大が続く訪日客のリピーターを増やそうと、香港に訪日旅行専門店を6月20日に開設すると発表した。JTBが現地の旅行者に対応した店舗を出店するのは初めて。訪日旅行の知識が豊富な日本人や現地のスタッフを置き、オーダーメード方式で個人旅行を提案する。対面販売によって、多様化する訪日旅行の需要を深耕したい考え。

201706181433_1-300x0.jpgJTBが香港に開設する訪日旅行専門店のスタッフら
  • 【関連サイト】JTB

新店舗は、シンガポールに本社を置く子会社「JTBアジア・パシフィック」が運営。店舗面積は約52平方メートルで、日本の観光知識のある6人のスタッフが従事する。

百貨店やレストラン、ブランドショップなどが立ち並ぶ香港最大の繁華街、コーズウェイベイにある商業ビル7階に構える。

ホテルや旅館の宿泊サービスのほか、JR6社共通の乗り放題の乗車券やテーマパークの入場券などを用意し、多様化する訪日商品のニーズに応えていく考え。「訪日4回以上の顧客に満足してもらえる店」をコンセプトとして、JTB が日本国内で保有する仕入れ手配のネットワーク力を最大限生かした対応をするという。

JTBはアジア太平洋地域全体で、訪日旅行向けを含む旅行商品を扱う店舗を28店舗から、2020年度を目標に101店舗に拡大することを目指していく。

あわせて読む

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「JTB」の記事をもっと見る 「香港」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る