Logo sec

松井知事「今後は具体的な中身を」 大阪万博誘致初プレゼン振り返る

2017/06/16
201706161327_2-300x0.jpg滞在先のホテルで記者団の取材に応じる大阪府の松井一郎知事=6月15日、パリ(共同)

【パリ=有年由貴子】2025年国際博覧会(万博)誘致のため、パリを訪問中の松井一郎大阪府知事は15日、前日に実施された博覧会国際事務局(BIE)での初のプレゼンテーションを振り返り、「今後は具体的な中身を肌で感じるように伝えたい」と課題を述べた。滞在先のホテルで記者団の取材に答えた。

松井氏は、プレゼンでの安倍晋三首相のビデオメッセージが各国から好評だったとして、「今の日本の外交が評価されているのをひしひしと感じる」と指摘。同行中の松本正義関西経済連合会会長らの活動にも触れ、「日本の経済界は世界で貢献している。それがこういう国際投票になると、すごくプラスになると感じる」と謝意を示した。

14日のプレゼンでは大阪、関西の魅力や開催テーマの「いのち輝く未来社会のデザイン」などについて説明したが、11月と来年6月に控える残り2回のプレゼンでは「具体的にこういう治療や製品ができると打ち出していきたい。準備はできている」と述べた。

松井氏はBIE総会後も誘致に向けたロビー活動を展開しており、「会った国々は好意的だった」と手応えも口にした。 

あわせて読む

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る 「万博」の記事をもっと見る

経団連

もっと見る
「経団連」の記事をもっと見る