Logo sec

グリコの〝テーマパーク〟「グリコピア神戸」に200万人 「ポッキー」工程など見学

2017/06/16

「ポッキー」や「プリッツ」といったお菓子の製造工程を見学できる江崎グリコ(本社・大阪市西淀川区)の施設「グリコピア神戸」(神戸市西区)で6月15日、来館者が200万人を超え、江崎勝久社長らが出席して記念式典が開かれた。

201706161256_1-300x0.jpg記念式典で江崎勝久社長(右)からグリコ製品の詰め合わせを贈られる200万人目の来館者となった河井さん家族=15日、神戸市西区

式典では、200万人目となった奈良市の会社員、河井佑樹さん(32)にグリコ製品の詰め合わせを贈呈。家族連れで訪れた河井さんは「ずっとグリコのお菓子を食べてきた。子どももグリコで育っていければ」と笑顔で話した。

江崎社長は式典後に取材に応じ「さらにロングセラー商品になるよう、重点的にブランドを育成していく」と強調した。

グリコピア神戸は昭和63年4月に開館。予約制で、製造工程を見学できるほか、創業時からのおまけのおもちゃなどを展示している。200万人突破を記念して15日から約1カ月間、来館者に特製のプリッツをプレゼントする。

あわせて読む

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

製造業

もっと見る
「製造業」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「菓子」の記事をもっと見る

神戸市

もっと見る
「神戸市」の記事をもっと見る 「食品」の記事をもっと見る