Logo sec

「訪日需要変わらない」ピーチ29年3月期、4期連続の増収増益

2017/06/09

関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(本社・大阪府田尻町)は6月8日、平成29年3月期決算を発表した。売上高は前期比7.9%増の517億円、最終利益は80.1%増の49億円と4期連続の増収増益となった。平均搭乗率は85.4%と国内線、国際線ともに好調だった。

営業利益は2.0%増の63億円、経常利益は13.2%増の53億円だった。

今年9月には仙台空港と新千歳空港で台北線などの就航を予定する。遠藤哲執行役員は「インバウンド(訪日外国人)の需要の強さは変わらない。国際線は意識して強化していきたい」と話した。

あわせて読む

「決算」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る 「LCC」の記事をもっと見る