Logo sec

国際囲碁イベント「ジャパン碁コングレス」7月14日、兵庫・宝塚で開幕 世界各国からファン集う

2017/06/11

アジアや欧州など世界各国のファンが集まり、対局やトークショーなどを楽しむ国際的な囲碁イベント「ジャパン碁コングレス」が7月14~17日、兵庫県宝塚市の宝塚ホテルで開かれる。今年は第一人者の井山裕太六冠(28)が師匠で宝塚市在住の石井邦生九段(75)とのコンビで参加。市は「囲碁を通じて国際交流の場になれば」と期待している。

201706091652_1-300x0.jpg国代表と対戦する井山裕太十段(右)=大阪市北区の日本棋院関西総本部

「碁コングレス」は欧州や米国で数十年続いている囲碁の人気イベント。昨年、国内で初めて宝塚市で開催され、15カ国から約1200人のファンが集まった。

メーンイベントは、オープン(無差別)、段位、級位―のクラスに分かれ、4日間にわたり対局が行われる「ジャパンオープン」。14日には河英一(ハ・ヨンイル)六段(32)が囲碁ソフト「ZEN」と公開対局するほか、15日には石井九段と井山六冠、苑田勇一九段(65)と今村俊也九段(51)による師弟タッグマッチも行われる。

16日の日本囲碁リーグファーストステージ最終節には、結城聡九段(45)や坂井秀至(ひでゆき)八段(44)ら関西棋院のトップ棋士も登場する。市によると、会場のネット中継も検討しているという。

ジャパンオープンの参加受付は6月30日(金)までで、先着400人。参加料は1日5000円(中学生以下2000円)、4日間通しでは1万6000円(同8000円)。観戦のみの場合は入場料2000円(同1000円)。問い合わせは関西棋院((電)06・6231・0186)。

あわせて読む

兵庫県

もっと見る
「兵庫県」の記事をもっと見る 「囲碁」の記事をもっと見る