Logo sec

USJでマリオ登場の新エリア着工式「スーパー・ニンテンドー・ワールド」20年夏までに開業

2017/06/09

大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で6月8日、任天堂(本社・京都市南区)の人気キャラクター「マリオ」などが登場する新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」の着工式が行われた。東京五輪が開催される平成32年夏までのオープンを目指す。

201706091434_1.jpg着工式で「マリオ」にふんした関係者ら=8日、大阪市此花区(前川純一郎撮影)

着工式では、ゲームの世界を模したステージにマリオが登場。花火と紙吹雪で着工を祝った。USJ運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「これまでになかったような体験を提供できるはずだ」と話した。

新エリアはパーク北西の駐車場などがある場所に建設。乗り物型アトラクションのほか、グッズ販売店、飲食店などを設ける。USJ運営会社は当初、投資額を過去最高の500億円超と見積もっていたが、「よりよいものにするため」上積みし600億円超とした。

あわせて読む

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

テーマパーク

もっと見る
「テーマパーク」の記事をもっと見る

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

もっと見る
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の記事をもっと見る 「USJ」の記事をもっと見る

任天堂

もっと見る
「任天堂」の記事をもっと見る

ゲーム

もっと見る
「ゲーム」の記事をもっと見る

キャラクター

もっと見る
「キャラクター」の記事をもっと見る