Logo sec

セミナー JTB「ムスリム・インバウンド・セミナー&ワークショップ」

2016/07/08

ジェイティービー(本社・東京都品川区)は、7月27日(水)に、経済産業省北海道経済産業局(北海道札幌市)との共同主催で、2回目を数える「ムスリム・インバウンド・セミナー&ワークショップ」を開く。

イスラム教を主要な宗教とするマレーシア、インドネシアからの訪日客数は、2015年に50万人に達した。

日本政府観光局によると、2016年1月~5月(推定値含)も前年比130%~140%と順調に伸びており、1、2月の冬季には対前年同月比平均50%という高い伸び率を示している。

雪や豊かな自然等多くの観光資源に恵まれ、2017年冬季アジア大会開催を控える札幌市は、さらに多くのムスリムの方々の訪問が期待されている。

2016年3月に開いた最初のセミナーには、約180人の観光産業従事者が参加し、北海道におけるムスリム・インバウンドへの関心、期待の高さが伺えた。

2回目は対応食事とお土産メニュー

そこで2回目は、「ムスリム対応食事メニュー&お土産開発」に焦点を絞り、専門家から具体的な先行事例等について講演してもらう。また、事業者課題解決に向けたワークショップも同時開催する。

会期 2016年7月27日(水)10:00~12:00(セミナー)
会場 札幌グランドホテル 東館3F 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西4

主催 経済産業省北海道経済産業局、株式会社ジェイティービー

来場予定 観光産業従事者 120名(セミナー)  20名(ワークショップ)

注意事項 取材については基本的にセミナー時のみとさせて頂いております。

セミナー案内サイト  https://reg.lapita.jp/public/seminar/view/138

あわせて読む

北海道

もっと見る
「北海道」の記事をもっと見る 「JTB」の記事をもっと見る

ムスリム

もっと見る
「ムスリム」の記事をもっと見る 「講演」の記事をもっと見る

ハラール

もっと見る
「ハラール」の記事をもっと見る