Logo sec

民泊ごみ不法投棄疑い 不動産会社を書類送検 京都府警

2017/06/01

一般住宅に観光客を有料で泊める「民泊」で出たごみを別のマンションのごみ置き場に不法投棄したとして、京都府警下京署は5月31日、廃棄物処理法違反の疑いで、京都市左京区の不動産会社と元社員の男性(31)ら2人を書類送検した。

送検容疑は、2月24日、民泊用のマンションの部屋などから出たカップ麺の容器やワインボトルなど約7キロの事業ごみを京都市下京区にある別のマンションのごみ集積ボックスに捨てた疑い。

下京署によると、マンションの住民からの通報を受けて同署員が周辺の防犯カメラを調べたところ、2人が付近でごみを運ぶ様子が写っていた。2人は「不動産会社のごみ置き場がいっぱいになり、マンションのごみ置き場に捨てた」などと容疑を認めているという。

あわせて読む

「民泊」の記事をもっと見る

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る