Logo sec

ワコールが京町家生かした宿泊事業に参入

2017/05/31

ワコール(本社・京都市南区)は5月30日、京町家や古民家を生かした宿泊事業に参入すると発表した。借り上げた京町家を改修し、簡易宿所として運営する。来年4月に京都市内で2、3店舗を開業し、平成34年中に京都市で50店舗前後の出店を目指す。事業費などの詳細は今後詰める。

201705311202_1-300x0.jpg古い内装が残る京町家の内部

訪日客や国内のレジャー客を呼び込む狙いがあり、将来は京都府内や他府県への進出も検討する。

京町家とは、昭和25年以前に建てられた伝統的な木造家屋。所有者の高齢化で老朽化物件や空き家が増加しており、地域や行政の深刻な問題にもなっている。京町家の宿泊施設を運営するトマルバ(本社・京都市下京区)によると「市内に4万軒はある京町家のうち15%が空き家で、新規参入による宿泊施設への改修が増えている」という。

一方で、国内外から関西へを訪れる観光客が増加する中、京都を中心とする宿泊施設は慢性的に不足。観光客に印象深い滞在体験を提供するとともに、歴史的価値のある京町家・古民家を保全・有効利用し、地域の生活環境改善やコミュニティ形成にも役立てようと事業参入を決めた。

ワコールでは、絵画や演劇などイベントのノウハウを持つ子会社ワコールアートセンター(本社・東京都港区)や、JR京都駅近くで昨年10月にオープンした情報発信拠点「ワコールスタディホール京都」と連携し、宿泊客に京都の文化などをテーマにした体験プログラムも提供する。

 

あわせて読む

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る

古民家

もっと見る
「古民家」の記事をもっと見る