Logo sec

日本航空、成田―ハワイ・コナ、メルボルンの新2路線開設 パリ便は10月で運休

2017/05/30

日本航空は29日、成田と米ハワイ島・コナ、オーストラリア第2の都市メルボルンをそれぞれ結ぶ路線を9月に開設すると発表した。一方、テロの影響で観光需要が低迷している成田―パリ線は10月29日から運休する。

国際線の路線見直しを進め、収益性を高めるのが狙い。メルボルン線は9月1日から、コナ線は9月15日からそれぞれ1日1往復運航する。

10月に運休する成田―パリ線は1日1往復。羽田―パリ線は引き続き、1日1往復の運航を継続する。

メルボルンはシドニーに次ぐオーストラリア第2の都市。昨年はオーストラリアからの訪日客数が前年から18%増え、44万人超となった。同社では、「メルボルン線開設で、日豪間の利便性がビジネス・レジャーともにますます高まることが期待される」としている。

あわせて読む

「交通」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

日本航空

もっと見る
「日本航空」の記事をもっと見る