Logo sec

地方財源確保へ出入国新税も選択肢 全国知事会の有識者研究会

2017/05/23

全国知事会の有識者研究会は5月22日、東京都内で会合を開き、訪日外国人観光客の急増に伴って膨らむ行政サービスの費用を賄うため、地方財源の確保策を議論した。海外事例を参考に、出入国の際、観光客に新たな税を課すことも選択肢として今後研究していくことを確認した。

知事会は、ホテルや旅館の宿泊客に課す宿泊税を法定化し、全国的に徴収する方法も検討中。有識者研究会は6月下旬に中間報告をまとめ、国への提言を目指す。

あわせて読む

自治体

もっと見る
「自治体」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る 「行政」の記事をもっと見る 「税金」の記事をもっと見る