Logo sec

矢の目ダムでカヌーなど水上スポーツ体験ツアー試行 栃木・那須町、観光促進に期待

2017/05/14
201705121548_1-300x0.jpg矢の目ダムで湯用意されているサップ(那須町提供)

栃木県那須町の矢の目ダムでカヌーなど水上スポーツの体験ツアーが5月から始まった。体験、交流型のプログラムを組み合わせた「ニューツーリズム」が注目される中、観光、レクリエーションの場として矢の目ダムを活用しようと那須町が試験的に実施する。(伊沢利幸)

矢の目ダムは、那珂川水系の黒川の支流、板敷川に建設された農業用潅漑(かんがい)ダム。湖面13.1ヘクタール。県が建設し、町で管理。周辺は公園となっている。

これまでは管理上、ボートの利用は禁止されていたが、有効活用しようと同町が昨年暮れから県と協議。那須町のスキー場でスノーボード教室を開いている体験型ツアー企画会社「スペース」(那須塩原市)に委託し、実施する。

カヌーや、ボードの上に立ってパドルをこぐスタンドアップパドルボード(サップ)の体験ツアーを10月中旬まで実施。今月3日にサップ体験会を開く。

那須町は「四季折々の景色が見られ、周辺の散策も適しているダムの魅力を再認識してもらい、観光促進につなげたい」と期待する。試行期間は3年。

問い合わせはスペース(電)070・1569・0808。

あわせて読む

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

栃木県

もっと見る
「栃木県」の記事をもっと見る

スポーツ

もっと見る
「スポーツ」の記事をもっと見る