Logo sec

銀座最大の商業施設「GINZA SIX」開業 松坂屋跡にディオールら旗艦店が集結

2017/04/20

大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ・フロントリテイリング(本社・東京都中央区)と森ビル(本社・東京都港区)などは4月20日、松坂屋銀座店跡(東京都中央区)に複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」を開業した。午前10時30分の開店(予定)を前に、Jフロントの山本良一社長や、森ビルの辻慎吾社長らが出席して記念式典が開かれ、テープカットが行われた。

施設名は銀座6丁目の立地にちなんで名付けられた。施設は地下6階、地上13階建て。商業施設部分の面積は約4万7000平方メートルと銀座地区では最大となる。

特徴は、各ブランドの旗艦店が集結したことだ。仏クリスチャン・ディオールや伊フェンディなど6つの海外高級ブランドを筆頭に、241のテナントのうち、半数以上の121が旗艦店となった。

従来型の商業施設と異なり、体験や文化を発信する場でもある。地下3階には、能楽の最大流派である観世流の拠点となる「観世能楽堂」が入る。

1階には観光バスの乗降所が設置された。乗降所に近接する場所には外貨両替、手荷物一時預かり、土産物も扱うコンビニも備えた観光案内所を設け、訪日外国人にとっても利便性が高い。

屋上には約4000平方メートルの庭園。桜や紅葉の木立があり、四季の移ろいを感じられそうだ。約56メートルの高さからは、東京の街の眺望も楽しめる。

 

「人の流れ変わる」山本良一J.フロント社長

ギンザ シックスのオープンを受け、J・フロントリテイリングの山本良一社長が産経新聞のインタビューに応じた。一問一答は以下の通り。

―-銀座の街にどのような影響を与えるのか

「銀座に店舗面積で最大の商業施設が誕生することで、人の流れが変わるだろう。各ブランドの意気込みを感じ、改めて銀座のすごさを実感している」

―-松坂屋銀座店跡だが、松坂屋の屋号を外した

「少子高齢化や消費の二極化など環境変化が進む中、今までの延長線上で成長するのは困難だ。従来の百貨店ではなく、銀座にふさわしい商業施設を造ろうと考えた」

―-銀座で再開発が進む

「商業施設の集積度が上がるほど、街の魅力が高まる。また、他の商業施設との相乗効果も生まれる」

―-訪日客にも便利だ

「観光バスの乗降所を設け、近接する場所に観光案内所を導入した。外貨両替や免税カウンターもあり、利便性が高い」

―-目標は

「初年度は600億円の売上高、2千万人の来客数がターゲットだ。達成するのに十分なブランドと施設を導入できた」
 

あわせて読む

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る

GINZA SIX

もっと見る
「GINZA SIX」の記事をもっと見る 「銀座」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る