Logo sec

山陰の㏚動画が大好評 公開1カ月で再生回数270万回超 インバウンド機構が制作

2017/04/07

山陰地方へ海外旅行客の誘客を進めている「山陰インバウンド機構」(鳥取県米子市)が作った山陰のPR動画が大人気だ。動画共有サイトでの公開から約1カ月で、再生が270万回を超えた。同機構では想定外の大反響に「山陰の認知度を少しでも上げたい」と意気込んでいる。

動画は「縁の道~山陰~」。3分半の長さで、ユーチューブで3月2日公開した。昨年6月、国に広域観光周遊ルートに認定された山陰観光ルート「縁の道」を構成する、鳥取、島根両県の自然景勝地や観光地、民俗芸能などを、ドローンによる空撮も交え、美しい映像で紹介した。

映像作家の永川優樹氏が撮影。山陰ならではの神秘性や、日本の原点を感じさせる約30のポイントをつづっている。あえてナレーションなど説明を入れず、視覚に訴え、海外の人に受けた。同機構には、動画を見た海外の人から、具体的旅行方法など問い合わせが相次いでいるという。

▼動画のURLアドレスはこちら https://www.youtube.com/watch?v=f-Bgx6JK1Vw(外部サイト YouTube)

山陰インバウンド機構では、動画を米子・出雲・関西国際の各空港でも公開。今後、動画とともに海外で展開した動画広告から、どうした人たちに好まれたかなどを分析、山陰観光のイメージ戦略などにも役立てる考えだ。

あわせて読む

島根県

もっと見る
「島根県」の記事をもっと見る

鳥取県

もっと見る
「鳥取県」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る