Logo sec

高島屋が東京・新宿に空港型免税店を27日オープン 訪日客に人気のジャパンコスメ26ブランド展開

2017/04/11
201704111136_1-300x0.jpg店舗イメージ

高島屋(本社・大阪市中央区)と全日空商事(本社・東京都港区)、韓国のホテル新羅の合弁会社、A&S高島屋デューティーフリー(本社・東京都渋谷区)は、高島屋新宿店が入る商業施設「タカシマヤタイムズスクエア」(東京都渋谷区)の11階に空港型市中免税店を4月27日(木)にオープンする。化粧品をはじめ、日本の菓子や伝統工芸品、家電などの免税品をそろえ、訪日外国人客の需要を取り込む。

オープンするのは「高島屋免税店 SHILLA&ANA」。関税・酒税・たばこ税などが免税となる商品をそろえた保税売店ゾーンと、消費税免税のみならず、その場で持ち帰りたいというニーズに応える消費税免税店ゾーンを併設。ドラッグストアの「マツモトキヨシ」や家電量販店の「ラオックス」などが入居している。

保税売店ゾーンでは、訪日外国人旅行者に最も人気の高いジャパンコスメ18ブランドを展開。消費税免税店ゾーンの8ブランドを加えると、国内の市中免税店で最も多い26ブランドを取りそろえるという。また、海外コスメは10ブランド展開する。

店舗面積は約2800平方メートル。高島屋新宿店の免税カウンターも移設し、サービスの充実化を図る。

あわせて読む

免税店

もっと見る
「免税店」の記事をもっと見る

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る 「免税」の記事をもっと見る

高島屋

もっと見る
「高島屋」の記事をもっと見る 「新宿」の記事をもっと見る

化粧品

もっと見る
「化粧品」の記事をもっと見る