Logo sec

ワイヤ・アンド・ワイヤレス 富士山Wi-Fi提供へ

2016/06/30

201606301055_1-150x0.pngKDDIの子会社でWi-Fi(ワイファイ)サービスを展開するワイヤ・アンド・ワイヤレスと静岡県、山梨県は6月29日(水)、来月の富士山の開山に合わせて、富士山の4登山ルートにある全山小屋を含む49カ所で、無料ワイファイを提供すると発表した。

訪日客に特に需要の高い無料ワイファイを整備することで、開山期間中の登山者の利便性を高める考えだ。

「富士山ワイファイ」は、会員制交流サイト(SNS)のアカウントやEメールアドレスで認証すると誰でも利用できる。

期間は、静岡県側の開山日の来月10日から閉山日の9月10日まで。

富士山の麓周辺に整備されているKDDIの高速携帯回線「LTE」の基地局から、山頂周辺のワイファイのアクセスポイントまで電波を飛ばす仕組み。

これまで富士山周辺では、NTT東西や静岡、山梨、神奈川の3県が、固定の光回線を利用して2013年末から無料ワイファイを整備してきた。ただ、光回線が未整備の地域ではワイファイが利用できないなどの問題も生じていた。

今回、KDDIはLTEを利用することで、光回線が未整備の地域までワイファイのアクセスポイントを整備できるようになったという。

あわせて読む

静岡県

もっと見る
「静岡県」の記事をもっと見る

ワイヤ・アンド・ワイヤレス

もっと見る
「ワイヤ・アンド・ワイヤレス」の記事をもっと見る 「Wi-Fi」の記事をもっと見る

富士山

もっと見る
「富士山」の記事をもっと見る 「KDDI」の記事をもっと見る

山梨県

もっと見る
「山梨県」の記事をもっと見る 「通信」の記事をもっと見る